シミ取りクリーム

MENU

シミ取りクリームに入っている成分のチェック

 

シミ取りクリーム

多くのシミ取りクリームはシミの原因であるメラニンを作らないように予防をする商品ばかりです。

 

アルブチン、L-システイン、トラネキサム酸などです。

 

これらの成分はシミ・そばかすの予防がメインとなっているので、一度シミになってしまったものを綺麗に消す事は難しいでしょう。

 

できてしまったシミを薄くしたいのであれば、メラニンを還元する効果のある成分を選ばなければいけません。ハイドロキノンとビタミンC誘導体などのことです。

 

ただしハイドロキノンについては注意が必要です。ビタミンCの10倍から100倍効果のあるハイドロキノンは、効果が高い分肌への刺激が強いので必ず使用方法を守らなければいけません。

 

ハイドロキノンの濃度

 

市販されているハイドロキノン使用の美白化粧品の多くは約1〜2%のハイドロキノンが配合されています。

 

ハイドロキノンの濃度が薄ければ安全性が高いのですが、濃度が高いほど効果と即効性があります。あくまで自己責任になりますが、自分の肌を考えて肌トラブルが起こらないように注意することが必要でしょう。

 

シミをなくしたいと焦って効果の高いものを選んでしまうと肌トラブルを起こしてしまって本末転倒になってしまいます。

 

きちんとパッチテストをして自分の肌を守りましょう。どうしてもシミを消したいのであればハイドロキノンを勧めますが、まずはビタミンC誘導体配合の美白化粧品をお勧めします。

 

シミ取りクリーム成分まとめ

 

シミ取りクリームの成分については理解できましたか?シミ取りクリームは以下のサイトにたくさん情報がありますよ。

 

 

シミ取りクリームのランキングへ